腎臓病にならないための予防|医師と一緒に頑張る改善治療

4人の医師

腎臓に負担をかけない心得

ベンチ

腎臓はデリケートな部分

腎臓病とは腎臓の働きが悪くなる病気ですが、具体的には老廃物の除去や水分の調整などができなくなってしまいます。当然、放っておけば体に悪い影響を与えかねないので、なるべく早くの対策が必要になります。腎臓病の原因は、私たちの生活習慣にあります。まず最初に食事面ですが、たんぱく質と塩分の摂りすぎには注意が必要です。たんぱく質は、燃えると尿素窒素や尿酸と呼ばれる有害物質を作るので、それを排出しようと腎臓に負担をかけます。塩分においても、余分な塩分を尿として排出しようと腎臓が働くことになります。よって、偏った食事をしないように気をつけましょう。また、糖尿病や高血圧の場合も腎臓に良くありません。腎臓は、多量の血液が流れる部分なので、血管や血流に異常があると腎臓にも悪い影響を与えることになります。

どんな生活習慣をすべきか

それでは、腎臓病を予防する方法ですが、それは早く異常に気づいて医療機関に受診するのが一番です。そして、腎臓病のチェック方法ですが、まず最初に尿のチェックがあります。健康な尿は黄色なのですが、赤かったり薄い尿は異常なので注意が必要です。また、尿の異常な臭いも注意です。健康であれば、ほとんど臭いがしないはずです。また、むくみがあるかも重要です。腎臓病になると腎臓の働きが悪くなるので、結果水分調整がうまくいかなくなり、むくみができやすくなります。そして、血圧管理も大事です。高血圧は腎臓病のみならず、あらゆる病気の原因になるので、しっかりと毎日自己管理することが求められます。肥満も注意が必要で、肥満だと腎臓に流れる血液の量が多くなるので、腎臓の負担が大きくなってしまいます。ですから、適度な運動も心がけることが大事です。

増加する人工透析

診察

腎臓病は慢性腎炎や糖尿病性腎症など様々な種類がありますが、悪化すると人工透析が必要になり、食事面や水分量が厳しく制限されるのが特徴です。近年では生活習慣病の一つに加えられてもおかしくないほど人工透析患者も増加傾向にあります。

詳細へ

生活習慣病で誘発される

医者

腎臓病は、生活習慣病が原因になって誘発されることがあります。血液や血管に損害を与える病気で引き起こされることもありますので、動脈硬化や糖尿病にならないように生活習慣を改善することも大切なことになってきます。

詳細へ

尿に異常を感じたら

カウンセリング

腎臓病は尿に異常や、むくみを生じる病気であり、症状に気づきにくいので早期発見が難しく症状が進行すれば透析になる恐れがあります。症状をしっかりと認識し、食事療法や薬物療法を用いることで治療することが出来ます。

詳細へ