薬と飲み物の組み合わせ

東京理科大学薬学部教授であり、薬の専門家の上村直樹さんのお話しによると、薬と飲み物・食べ物のやってはいけない組み合わせがあるそうです。

◇ 胃腸薬&ジュース

◇ かぜ薬&牛乳

◇ かぜ薬&酒

【胃腸薬&ジュース】

胃腸薬には重曹が含まれており、胃酸を中和させる働きがあります。
ですが、ジュースと一緒に胃腸薬を飲むと、胃にたどり着く前に、口の中で重曹がジュースの酸に反応してしまい、肝心な胃腸で薬が効かなくなってしまうそう。胃腸薬を服用した30分前後は、ジュースを飲まないことをすすめています。

【かぜ薬&牛乳】

牛乳の「ニューキノロン」という成分は、病院で処方される風邪薬や、抜歯した時の薬に含まれているそうです。飲み合わせがよくない理由は、牛乳に含まれるカルシウムにニューキノロンがくっついてしまうから。そうすると薬の分子が大きくなってしまい、体内に吸収されなくなってしまうそうです。牛乳の他、カルシウムを含むヨーグルトなどの食品も食べ合わせとしては良くないそうです。さらにカルシウムだけでなく他のミネラル分を含む、スポーツドリンクやミネラルウォーターも一緒に摂らない方が良いようです。ニューキノロンが含まれる薬は、水道水で飲むのが一番だということです。

【かぜ薬&酒】

アルコールを飲むと肝臓に負担がかかりますよね。一方のかぜ薬にも、肝臓で代謝される成分が多く含まれているようです。これらを一緒に摂ると、肝臓に負担がかかり過ぎ、肝障害などの原因になってしまうこともあるようです。注意が必要ですね。アルコールは、ほとんどの薬の作用を強めるとのこと。副作用が出やすくなってしまうようなので、アルコールは風邪薬は一緒に飲むのはやめたほうが良いということです。

内服薬の周りに水分があると、有効成分が溶け出しやすくなります。そのためには、コップ1杯(180~200ミリリットル程度)の水やぬるま湯と一緒に飲むとよいとされています。

やはり、お薬はお水で飲むのが一番安心なようです。

処方箋ネット受付ですぐにお薬を受け取る方法

moegi